猫の家 日々

猫と暮らす家を建てました。

2014.03.15.Sat

造作キャットタワー

ご質問いただきました。
キャットタワーの板はどうやってついているのか?

14031501.jpg


我が家の設計君に聞いてみたところ
ビス留めとボンドです
と教えてもらいました。

業者の方ならわかる話なんでしょうが
素人目じゃどうやってビス留めしてるのか

さっぱり

14031502.jpg

わからんです

14031503.jpg


これは建築中の現場
すでに板はついており、ただいまボンド乾き待ち中

14031504.jpg

支えの棒にはさわらないでください。

14031505.jpg

色んな工夫の結果
素敵なキャットタワーになりました。

14031406.jpg

スポンサーサイト

コメント

2014.03.15.Sat

最近は 猫飼いさんのお家を建てる時 キャットタワーを
注文する方が多くなってきたようで みなさんそれぞれに
アイデアタワーを作られてるようですね。
うちの場合は 依頼してみたものの あまりアイデアが
出なかったらしく 時間の関係上 猫窓を作ることで
タワーは諦めました(oT^T)o
立派で丈夫そうなキャットウォーク 羨ましいでーす♪
キャットウォークでケロリンパされちゃった時のお掃除は
どうやってるんですか?
2014.03.15.Sat

ご丁寧に記事におこしていただきありがとうございます〜。゚(T^T)゚。

ビスの跡が全っ然分からないですね!すごい!
2・3枚目写真の左側の足場と柱の接地面に
ちょっとポッチがあるのがそれかなぁ…?いや分からんっ!
ボンドだけで付いてるみたい。ほんとスッキリ!ヘ(゚∀゚*)ノ
大工さんにとっちゃ朝飯前の作業なのでしょうか。超尊敬です。

貴重な建築中のお写真まで!∑(゚Д゚)
こうやってひとつひとつ丁寧に作られていったんですね(´∀`)
猫さんがちゃんと使ってくれるのを見たら飼い主だけでなく業者さんも大喜びでしょう☆
2014.03.16.Sun

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.16.Sun

一周年のお祝いありがとうございます
これからも、頑張りますので
よろしくお願いいたします~

キャットタワーいいですね~
お家にぴったりって言うのが
やっぱり憧れます!
違和感なく部屋にあるのがね~
羨ましいなぁ~
2014.03.16.Sun

すごーい!さすが、プロの技術ですね!!
本当、全然わからない…最初からこういう形に、木を切りだしたみたいです(^○^)
ビス留めとボンドのダブル使いで、頑丈さもお墨付きですねっ

激励のお言葉ありがとうございます‼︎
なんせ猫と暮らす経験あるのが私だけでして、設計士さん、旦那はん(仮) ポカーン(°_°)状態であります (笑)

しかし、旦那はん(仮)は猫飼い経験者の私に任せると言ってくれているので たくさん勉強して、ガシガシ意見言って、頑張ります☆
妄想は得意分野ですので、普段の猫たちの動きを見ながら色んなものの配置を考えて、脳内イメージ膨らませていきますね*\(^o^)/*

こうしてアドバイス頂けて、とても励みになりますっ‼︎

我が家の9カ月ボーイは「ポット」と名付けました(^^)
最近おデブ疑惑がありまして、先ほど体重測ったら4.7キロありました(^◇^;)
これは…ポッチャリーに改名すべきかしら…

コメント欄に長々と失礼しました!
2014.03.16.Sun

コメントありがとうございます

■nekobellさま
キャットウォークでゲーされちゃったときは
脚立を出してきてさらに背伸びして
拭き掃除しております。
いまのところ上からどば~っと吐かれたことは
ないです。
たまにハリの上を掃除すると乾いたゲーの跡を
発見したりいたします・・

■ニイニイさま
造作猫仕様を使ってもらえると
うれしいっす!
ビデオカメラ持ってましたっけ?
絶対あったほうがいいと思うよ~~

■鍵コメさま
お気持ちほんとお察しいたします(><)
とりあえずできることからですね。
無理しない範囲でいいと思います。

■pupusann さま
ブログ一周年おめでとうございます♪
我が家もがんばります!!
キャットタワーは違和感のない猫仕様が理想でした。
これからの日本の住宅は
これが標準装備になったらいいのにな~(笑)

■サーファーねこさま
ポットくんていうんですね~かわいい~♪
4.7キロ!!
ごはん~って言われちゃうと
あげちゃってるでしょ(笑)
うちもそうなんですけどね。えへへ


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teamnecohouse.blog.fc2.com/tb.php/212-df3d2bb3

 | HOME |