猫の家 日々

猫と暮らす家を建てました。

2014年03月

2014.03.30.Sun

猫大福

もっちもち~

14033001.jpg

以前にも書きましたが(以前の記事)
やっぱり銀次の顔は大福に似てます。

よっ大福王子!

14033002.jpg
うれしくないよね。
スポンサーサイト
2014.03.26.Wed

タレねこ

実家の猫 メイ先生
座ればダルマ、歩く姿はウシのよう。

先生、お腹のお肉らしきモノが
タルッタルなんですけど・・・
また太ったんじゃないですか??

うるっさいな~

14032601.jpg


座り方でそう見えただけでしょ。
ちゃんと座りなおせば~~

14032603.jpg


普通ですっ。

14032604.jpg

いやタレてますから・・・
2014.03.24.Mon

新しいキャットステップ

先日、猫の家を建ててくれた設計君が
ご自宅を新築されたので、その内覧会に行ってきました。

さすがは設計君
新居はいたるところにこだわりが見られ
おもしろくてカッコイイデザイン満載
それでいて温かみがあり
長く住むほどにいろいろな思い出が残りそうな
そんな素敵なお家でした。

その中でも我々がとても印象的だったのが
このキャットステップ♪

14032401.jpg

のようですが
実は子供部屋にある
ロフトにあがるためのステップです。

14032402.jpg

当初は梯子を考えていたそうですが
猫の家のキャットステップを思い出し
あんな風にしたらおもしろいんじゃないかという
思いつきで出来上がったんだそうです。

14032404.jpg

ちなみに子供部屋は2つあり
隣り合った部屋同志が壁を挟んで
同じ位置にステップがついていました。
これは左側にある部屋

14032403.jpg

猫の家が参考になったなんてぇ~~
大感激だったのでご本人に了承のうえ
記事にさせていただきました。
ありがとぅ。

ステップにぜひ昇ってみてくださいと言うので
ちょっと上がらせていただきましたが、
手すりがないとやっぱりちょっと怖いよね~
でもこのちょっとしたスリルが
子供にはたまらない魅力になりそうです。

猫と一緒に上がれるステップだなんて素敵ですよね。
階段とはまた違った魅力があります。
しかし、残念なことに設計君家は猫飼ってないんです。
もったいない!猫飼うべきですよね。
だって家中木製建具だから爪とぎ放題だし!!
まさに猫のパラダイスや~~


こちら本家キャットステップ
猫サマ限定でございます。

14032405.jpg

2014.03.19.Wed

かじっちゃダメ!!

最近の困りごと

我が家のアンポンタンが
エアコンのパネルをガジガジとかじる件

14031910.jpg


くぉら銀次!!やめなさいっっって!!!!

14031901.jpg


そう言えば言うほどテンション高くなるばかり・・

14031902.jpg


このままではパネルが欠けてしまいそうなので
エアコンの上を立ち入り禁止にすべく
上に猫よけを置いてみることに

14031909.jpg


今のエアコンの上って
こんなんなってるんですね。

14031905.jpg


トゲトゲ設置
よもやこんな場所に置くことになるとは・・

14031904.jpg


やってきましたアンポンタン
横からもガミガミするのでトゲトゲを出しておきました。
さっそくチェック

14031906.jpg


結局このあとまたエアコンの上に乗っかって
しまいましたが、落ち着かないようで
ガジガジを堪能することなく降りていきました。

14031907.jpg


つまんなーい

14031908.jpg

エアコンの上に乗っかるだろうとは思っていましたが
まさかパネルをかじるとは想定外でした。
今後お家を建てるかたは、意外と要注意かもです。
2014.03.16.Sun

猫バス

猫バスです。

14031602.jpg


運転手の銀次さん。

14031601.jpg


どこ行きですか~

14031604.jpg

銀次にジャストフィットのダンボールがあったので
作ってかぶせてみました。
とりあえずどうしていいかわからないみたいで
じーっとしています。
2014.03.15.Sat

造作キャットタワー

ご質問いただきました。
キャットタワーの板はどうやってついているのか?

14031501.jpg


我が家の設計君に聞いてみたところ
ビス留めとボンドです
と教えてもらいました。

業者の方ならわかる話なんでしょうが
素人目じゃどうやってビス留めしてるのか

さっぱり

14031502.jpg

わからんです

14031503.jpg


これは建築中の現場
すでに板はついており、ただいまボンド乾き待ち中

14031504.jpg

支えの棒にはさわらないでください。

14031505.jpg

色んな工夫の結果
素敵なキャットタワーになりました。

14031406.jpg

2014.03.13.Thu

エビケリケリ


最近ブームの
エビケリケリ

14031303.jpg

やめられない

14031302.jpg

とまらない~

14031301.jpg

むぐぐぐぐ~

14031305.jpg

最近体力が有り余っているようで
ハッスルしまくりです
2014.03.10.Mon

たまには揃って

シンクロ中

14031001.jpg

イイ感じに見えても
結果こうなる

14031002.jpg


こうやって見ると
銀次結構大きくなりました。
2014.03.08.Sat

わくわく顔


なんかおもしろそうなモノ見つけた顔~

14030803.jpg

2014.03.06.Thu

交換可能な爪とぎポール

猫の家では爪とぎ用に
キャットタワーの横に長さ70cmのポールを
取り付けました。

14030701.jpg

家づくりの打合せを始めた当初は無かった爪とぎポールでしたが
ある日、キャットシッター、猫の森で有名な南里秀子さんの
講演会が新潟であると聞き、行ってみることに。

講演会は猫と暮らすうえでの様々な困りごとを
何が原因で、どうしたら解決できるかという
とてもためになるお話でした。
その中のひとつ、猫の爪とぎについてのお話
家の色々なところでバリバリされて困っている場合
大抵は猫が満足できる爪とぎ場所がないのが
原因なんだそうです。

なので思いっきり爪とぎしてもいい場所を作って
あげることが大切だと聞きました。

そして猫は立って爪とぎするのが
一番満足できるスタイルだと聞き、
これはぜひとも猫の家に取り入れなければ!
と考え、さっそくあれこれ調べていたところ
ネットでキャットタワーの板やポールが
痛んだら交換できるようにパーツ販売を
しているお店を見つけました。
ここで買った長いポールを家のどこかに取り付けたら
しかも交換可能な形で!それってすっごくナイスアイデアかも!

そう思いつき、さっそく設計君達と話し合った結果
窓辺の板の下にもう一枚板を追加して
ポールを取り付けた現在のスタイルになりました。

14030702.jpg

ポールは上下をビス留めしてあるだけなので
古くなったら交換可能。

060704.jpg


しかし、かっこよく取り付けたのはいいけど
使ってもらえなければ意味がない。
とりあえずは遊びなれたキャットタワーも
リビングに置いておこうかと出してましたが、
さくらさん新しいポールも気に入ってくれて
バリョッバリョ力強く使ってくれて大成功っ!

060702.jpg

そんな感じで我が家の交換可能な
爪とぎポールは完成いたしました。

14030703.jpg


ちなみに買ったポールはコチラ

2014.03.03.Mon

三月三日

今日は何の日か
皆さんご存知よね

14030301.jpg

そう 今日はあたしの誕生日
11才になりました。

本当に生まれた日はわからないけど
たぶん3月生まれだから
乙女の日をあたしの日にしました。
ぴったりでしょ。
14030302.jpg


最近はうるさいやつがいて
迷惑なこともあるけど

14030303.jpg

あたしはまだまだ元気に
長生きしてやるんだから
覚悟してなさいよっお世話係っ
14030304.jpg

はいっ喜んでっ
HappyBirthday さくらさん♪

 | HOME |